海外から日本に送金する方法・日本で海外のお金を効率よく利用する方法を紹介

留学やワーキングホリデー、インターンで日本に訪れる海外の方にレートの良いお金の使い方を紹介します。

クレジットカードや送金、換金など方法は様々ですが、知識が足りないと損をしてしまうので前もってチェックしておきましょう。

目次

主要なお金の送金方法一覧

  • 出発前か出発後に現金を換金所で両替してもらう
  • クレジットカード
  • 銀行送金
  • 国際送金サービスを利用する

探せばたくさん方法はでてきますが、ほとんどの人がこのどれかを利用しています。

現状、クレジットカードを利用して、引き落とし口座にネットバンキングを利用して振り込む、振り込んでもらうのが一般的な方法でしょう。

また、クレジットカードは現金が必要なときはキャッシング機能を使うと現金を用意できます。

一方で、クレジットカードは管理が大変、高校生はつくれないなどという声もあります。

これから紹介するそれぞれの方法を見比べて、自国にあった送金を利用してください!

クレジットカード

クレジットカードでも、キャッシュカード機能を兼ねたクレジットカードがおススメです。

おすすめなのが海外で使うことが想定されているクレジットカードです。

グローバルカードという名前がついているのがほとんどでしょう。

前もってチャージする機能が付いているため、為替レートが良いときに前もって換金することができます。

もちろんチャージはネットからいつでもできます。

この場合のキャッシングは翌月の請求ではなく、チャージから引かれるという形のため管理も簡単です。

しかし、残念なことにお金を引き出すたびに手数料がかかるため少しずつ引き出していると負担が大きくなります。

チャージ機能のないクレジットカードでも現金を引き出すこともできますが、しばしばエラーになるのであまりお勧めはできません。

豆知識として、、、

複数人でご飯に行ったときに、まとめてカードで支払い、その場にいる人から現金を回収するのが手数料0で最もお得な方法です

豆知識として、、、

クレジットカードの換算レート=(各国際ブランドの基準レート)×(1+外貨取扱手数料)

外貨取扱手数料は、各カード会社(楽天カード、MUFG、セゾン)が設定しています。

銀行送金

日本の口座を持っている時は、銀行送金を利用することも可能です。

しかし、手数料が高いため、100万円以上の大金を送るときに利用することをオススメします。

手数料は約2500円~3000円かかります。

ちなみに、100万円というのは日本に現金として持ち込むことができる金額の上限です。

100万円以上は送金しないと手続きが大変になります。

国際送金サービス

現在、銀行を利用せずに簡単に海外送金ができるサービスがいくつかあります。

特に利用者が多く、評価の高い3つをここでは紹介します。

Transferwise(トランスファーワイズ)

手数料:0.5~1%
送金時間:1~2営業日
特徴:多言語のサポート。最低の限度は無い。上限は約160万円程度。指定できる通貨がたくさんある。

OFX

手数料:15ドル(1万オーストラリアドル以上で無料)
送金時間:1~2営業日
特徴:最小金額(250ドル)が設定されている。送金時に確認の電話がかかってくるため安全。

XE Money Transfer

手数料:無料(変更可能性あり)
送金時間:1~3営業日
特徴:現時点(2020.10.30)では手数料がかからない。多言語サポート。

まとめ

様々な送金方法がありますが、あなたの国の通貨によって値段が変わってきます。

人気だからここを使おうではなく、最もお得で、安全なサービスを利用しましょう。

とはいえ、常にクレジットカードを利用しておけば現金に困ることは滅多にないと思います。

普段から現金は何かあったときのために残しておきましょう。

最後にもう一度最もお得なやり方を紹介します。

複数人でご飯に行ったときに、まとめてカードで支払い、みんなから現金を回収する方法が最もお得です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる