両替の計算方法

目次

急いでる人のために結論から!

◯ 現地のお金に換金したいとき →(あなたのお金)× (BUYのレート)

◯ 現地のお金を別の国のお金に換金したいとき → (あなたのお金)÷(SELLのレート)

解説

理解
「 SELL 」と「 BUY 」を理解する

主語は ”お店” です。目的語が ”相手の国のお金” です。

SELLの場合「私たちが、相手の国のお金をこの金額(レート)で売ります」
BUYの場合「私たちが、相手の国のお金をこの金額(レート)で買います」

つまり

SELL は相手の国のお金を売る → 両替店が相手の国のお金をお客さんに渡す
BUY は相手の国のお金を買う → 両替店が自国の国のお金をお客さんに渡す

になります。

理解
レートの意味を理解する

レートとは1(持ってるお金の単位)あたりのここの国の金額です。

例えば、アメリカの両替所で日本のお金を換金する場合、「1円あたり何ドル」です。

例えば、日本の両替所でアメリカのお金を換金する場合、「1ドルあたり何円」です。

理解
手数料がかかっている

為替レートの金額と実際の両替の金額は違います。

それは両替してもらうのに手数料を払っているからです。

したがって、為替のレートと換金所のレートの差額がレートあたりの手数料になります。

両替所のレートが為替レートに近いほど手数料が小さいということになります。

例えば、
設定:日本で10000円をアメリカドルにしたい。為替レートが100円で、両替所のSELLレートが105円。
為替レートなら100ドルですが、両替所レートなら95.2ドルになります。
つまり、4.8ドルの手数料がかかったことがわかります。

設定:日本で100ドルを日本円にしたい。為替レートが100円で、両替所のBUYレートが95円。
為替レートなら10000円で、両替所レートなら9500円になります。
500円の手数料がかかったことがわかります。

したがって、SELLは為替レートより大きく、BUYは為替レート小さい数字になります。

理解
あなたがどこの国で両替するか

両替所の国によって、単位が全て変わってきます。

つまり、SELL や BUY の目的後は「相手の国のお金」であることを理解しましょう。

目的語が両替店の国のお金になると頭がゴチャゴチャになります。

まとめ

両替がややこしく感じるのは、相手の国で換金するパターン自分の国で換金するパターンがあるからです。

円とドルで例えますが、

アメリカで、①日本円をドルにする、②ドルを日本円する

日本で、①ドルを円にする、②円をドルにする

の4つの状況が考えられます。

アメリカの両替店ならSELLとBUYの目的語は日本円です。

日本の両替店なら、SELLとBUYの目的語はドルです。

これさえ、理解すれば大丈夫です。

あとは、BUYは掛け算、SELLは割り算するだけです。

急いでいるときに両替すると、大きな手数料に気づかないこともあるので、落ち着いて計算して、お得に両替しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる