京都での初めてのホームステイ受け入れに必要な準備とは?

使っていない部屋をホームステイとして活用したいけど、何を準備したらいいのかわからないという悩みをよく聞きます。

ホームステイのホストファミリーとして受け入れを始めるには、ゲストのための部屋やハウスルールなどを準備する必要があります。

良いホストファミリーになるために良い準備をして、ゲストに最高の時間を提供しましょう。

目次

ゲストのための部屋

ゲストが寝る、勉強できる、プライベートが確保できる部屋が必要です。

ほとんどの家庭が誰も使っていない部屋をホームステイの受け入れに使われます。

子どもが社会人になって部屋が空いたからホームステイのホストを始めてみたといったケースです。

気にされる方が多いですが、ホームステイに大きい部屋は必要ありません。

・寝るスペース(ベッド又は布団)

・勉強ができる机と椅子(カーペットと机も可)

・服を収納できるスペース

・エアコンが付いている

などなど(詳しくは下のページを参考にしてください)

⇒ ホームステイの部屋に用意してあげる家具や日用品とは?

ハウスルールの準備

ゲストとホストが快適に生活するためにはハウスルールを用意する必要があります。

門限や洗濯、掃除、食事の有無の連絡などをルールとして設定しておく必要があります。

ハウスルールに関しては、別に詳しくまとめていますので、こちらを参考にしてください。

なお、ホームステイさんではハウスルールの雛形をホストファミリーにお渡ししているため、ホームステイさんのホストファミリーは簡単にハウスルールを作成することができます。

各家庭ごとに必要なゲストのための準備

家が駅から遠い場合、駅に行くのに必要な自転車や送迎が必要になります。

ペットがいる場合、部屋に入らないようにする必要があるかもしれません。

ゲストの日本での生活に合わせて生活リズムも変える必要がある可能性もあります。

ただ、大胆に変化することはありませんので心配しないでください。

特別に必要なことは、ホームステイさんのスタッフが電話や対面で相談可能ですので抜け目なく準備していただけます。

トラブル対応の準備

ゲストが体調を崩したときや、ゲストとケンカしたときの対応策を前もって用意する必要があります。

基本的には、ホームステイさんのスタッフに連絡していただければ対応いたします。

トラブル対応に関しましては、前もって説明させていただきます。

しかし、急を要する場合のためにも保険の使い方などは一通り理解しておきたいものです。

以下に、よくあるトラブルと対応方法をまとめていますので、参考にしてください。

⇒ ホームステイ受け入れによくあるトラブルと対応方法まとめ

定型会話を想定しておくこと

日本語力に関しては、日本に日本語を学びに来る人、もしくは仕事で来る人がほとんどですので日本語のレベルはゼロではありません。

しかし、どうしても単語を思いつかないことなどは頻繁に起こります。

そこで外国人が日本の文化に驚くことや、疑問に思うことなどを知っておくと、ホスト側が会話のサポートをできます。

ゲストからのよくある質問や疑問をまとめていますので参考にしてください。

家族の同意

たまに、大学生の息子が勝手にホストファミリーとして家を登録していたということがあります。

お家に親と一緒に住んでいる場合は必ず家族の同意が必要です。

家に新しい人が住みだしたら家族は驚くに違いありませし、ホームステイのホストファミリーとして良いサービスをゲストに提供することは難しいでしょう。

必ず一緒に住む家族に同意をもらってからホストファミリーを始めてください。

まとめ

ホームステイの受け入れに当たって特別な準備をすることはありません。

友達が家に泊まりに来るのと似たような感覚です。

さらに1週間も経てば気をつかうことも無くなってきます。

必要最低限の準備をして、足りないものを足していくという形で十分ですので、初めてだからといって心配せずに楽に準備していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる