<ホームステイ受け入れ>ハウスルール作成の流れ

ホストファミリーはホームステイ受け入れにあたりハウスルールを決める必要があります。

手間ではありますが、難しそうで簡単なハウスルールですので、ぜひ作成してみてください。

HomeStayさんではハウスルールの雛形をホストファミリーにお渡ししております。HomeStayさんに登録いただいているホストファミリーの方はご自身の家庭に合わせて少し変更するだけでハウスルールが完成します。

目次

まず確認しておきたいこと

あなたの家にハウスルールは存在しますか?

ほとんどの人は「いいえ」と答えるのではないでしょうか。

それはハウスルールというものは知らず知らずのうちに出来上がるからです。

したがって、各家庭が持つ独自のルールまでは把握できないので、ここでは基本的なことを抑えていきます。

ハウスルールに関する基本項目

  • 食事の連絡
  • 部屋
  • お風呂と洗面台
  • 門限
  • キッチン
  • 掃除
  • 洗濯
  • その他

以上のことを抑えるとハウスルールは完成します。

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

食事の連絡

「何時までに、ご飯の有無を連絡してください。」というルールを作りましょう。

朝ごはん・夜ごはんがいるのか、いらないのか、あるいは作り置きなのかという連絡です。

料理を始める段階で知っておく必要があります。

したがって、5時まで、4時までといった時間を設定しておきましょう。

〇 気をつけたいこと

・「何時までに連絡してください」の時間を早くしすぎないこと。3時などに設定すると授業終わりだったり、これから友達とご飯を食べに行くか決定する可能性があります。なるべく時間の設定を遅くしてあげましょう。

・もしご飯がいらないという連絡をもらいながら、ゲストが結局食べずに帰ってきたという場合、時間が遅くないのであれば、軽食だけでも作ってあげて欲しいです(もちろんゲストに聞いた上で欲しいと答えた場合です)。

部屋

部屋の使い方に関してです。

寝る間はエアコンを消す。電気はこまめに切る。出かけるときはコンセントを抜く。などが考えられます。

各家庭の禁止事項をまとめておきましょう。

〇 気をつけたいこと

・ルールを作りすぎると窮屈になります。もちろん本当に嫌なことはルールとして作成していただいて構いませんが、例えばベッドの上でお菓子を食べないなどは人によっては窮屈に感じるかもしれません。これを制限したら相手が窮屈になると感じたときは許容してあげてください。

お風呂と洗面台

「何分以内にでてきてください、浴槽は流さなくて結構です、シャンプーとリンスは自分のを用意してください」などです。

水の無駄遣い、時間、洗剤、浴槽は流さない、この4点を述べると充分です。

外国ではお湯につかるという文化は基本的にありません。

お湯を勝手に流すという話を耳にするのでルールに盛り込んでおきましょう。

また夜中に入るときは静かに入りましょう。など各家庭に合わせてルールを作成してください。

誰かが入っているときは、扉を閉める、入っています看板を作成するなど共用に関することも気をつけましょう。

門限

基本的にはスペアキーを渡すことで自由に出入りできるようにしてあげてください

誰もいない間にいられるのは不安と思う方がいるかもしれません。

ゲストは普段、学校や仕事で外にいる時間が多いですので心配はいりません。

それでも数時間は1人の時間があるかもしれませんが、信じてあげてください。

家に入らしてもらえない家族などは聞いたことがありませんので。

キッチン

冷蔵庫は自由に使っていい?、自由に料理をしていい?というルールです。

冷蔵庫は基本的に自由に使わしてあげてください。

ただ、入れすぎはダメや食べ物を勝手に食べないでというルールは作成した方がいいです。

〇 気をつけたいこと

・飲み物を飲まないでというルールは厳しすぎます。高級なお酒や飲み物が入っているという場合を除いて、飲み物は自由に飲んでいいというルールが好ましいです。月の飲み物代が高すぎる場合、ルールを作成したり、HomeStayさんに相談してください。

掃除

部屋の管理は基本的にゲストに任せてください。

ただ週に1回、2週間に1回外出中などにホストが掃除してあげるのがベターです。

掃除機を勝手に使っていいのかと心配し、目に見えるゴミしか片付けないということがよくあります。

また、海外は土足が多いので掃除機をかけることが少ないです。

外出中は部屋を開けておくように伝え、掃除機だけでもしてあげると清潔を保つことができます。

洗濯

毎日洗濯していいのか。洗濯はホストがしてあげるのか。夜中は洗濯していいのか?と洗濯のルールを作成しましょう。

基本的にはゲストが洗濯するというルールで大丈夫です。

頼まれたときや、タイミングが一緒のときにホストが洗濯してあげるというのがスムーズです。

〇 気をつけたいこと

・洗濯機の使い方などは丁寧に説明してあげましょう。もしくは使い方を壁に貼っておくのもいいかもしれません。

・洗剤は使わせてあげてください。洗剤を使えない家はホテルに泊まっているのと同じになります。

・夜中以外は基本的に利用可能にしてあげてください。

その他

その他のルールは、家の構造や、家族に関すること。入ってはいけない部屋。など各家庭に合わせて作成してください。

わからないときはHomeStayさんに相談してください。

まとめ

ハウスルールは完成したでしょうか。

ルール自体は当たり前のことばかりで、スムーズに作成できたはずです。

この当たり前を共通の認識にすることでトラブルを前もって防ぐことができます。

ハウスルールを作成して良いホームステイを提供してあげましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる